映画の解説

作品

製作年
2007年

製作国
ロシア=仏

原題
ALEKSANDRA

時間
92分

公開日
2008年12月20日(土)公開

監督
未入力

映画のご案内

80歳のアレクサンドラは、チェチェンのロシア軍基地にいる孫に会いに来た。

7年ぶりに再会した孫は、将校だというのに汚れた軍服を身にまとっていた。

アレクサンドラはじっとしていられず、市場に行ってみる。

そこでロシア語の上手なチェチェン人の女性と出会う。
招かれた自宅は、戦火で崩れかけたアパートだった。
アレクサンドラは、長引く戦争に疲れたチェチェン人の姿を目の当たりにするのだった…。

出演
•ガリーナ・ヴィシネフスカヤ
•ワシーリー・シェフツォフ
•ライーサ・ギチャエワ
•エフゲーニー・トゥカチュク

解説

『モレク神』でヒトラーを、『太陽』で天皇ヒロヒトを描いたアレクサンドル・ソクーロフ監督が、戦争と人間をテーマに、長く内戦が続くチェチェンに目を向け、実際のロシア軍駐屯地とその周辺で撮影したという本作。軍人である孫のもとを訪れた老女の目を通して、戦争の本質を見事に描出している。アレクサンドラを演じたのは、世界的ソプラノ歌手として知られるガリーナ・ビシネフスカヤ。その堂々たる存在感に驚かされる。今、進行中の政治状況を、その現場を舞台に、そこで暮らす人々を起用して、あたかもドキュメンタリーのように描きながら人間とは何かという普遍的なテーマに言及する、正にソクーロフ監督の真骨頂と言っていいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>